ムダ毛の自己処理

ムダ毛の自己処理の危険性を知ろう

自己処理を続けるとどうなる?

ムダ毛処理でついついやりがちなのが、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりなどの自己処理。お金がかからないし手軽なので、女子なら誰でもやっちゃうことですよね。

でも、この何気ないムダ毛処理が、肌や毛穴を傷つけてしまっているってこと、ちゃんと認識してますか?ずっと続けていると、ムダ毛があるよりも恥ずかしい肌状態になってしまうので注意が必要です。

毛抜きでの処理を続けると?

まず毛抜きでの処理。これ、一番やってはいけない方法です。

赤いブツブツ状態になっちゃう

毛抜きで毛を抜くということは、毛根から無理やり毛を引きちぎることになるので、当然毛根は傷き、さらにそこから出血してしまうことも。

そしてそこにばい菌が入ることで、毛穴が吹き出物みたいに赤くブツブツ状態になってしまいます。

脚とかワキとかがそんな状態になってしまったら、ちょっと恥ずかしいですよね。

色素沈着で黒ずんじゃう

さらにそこからずっと抜き続けていくと、その部分が色素沈着をおこして黒ずんできてしまいます。ワキとかが黒ずんでくるのは、こういう理由からなんですね。

色素沈着をおこしてしまうと、元に戻すのはかなり大変。ゼッタイ後悔するハメになります。

埋没毛ができちゃう

その他、毛抜きでの処理でおこる症状として、埋没毛というものがあります。これは、毛が表面に出てこなくなって、皮膚の中でにょろにょろと生えてくる状態のことです。

毛を抜くことで肌が傷つくと、肌はその部分を修復しようとするんですが、そのときに毛穴もふさがれてしまうことがあるんです。そのため毛は表に出てこられないまま、中で成長してしまうという訳。

これもすごくやっかいな症状で、見た目が汚いばかりか、無理やり取り出しても、結局また埋没毛になることが多いので、いたちごっこ状態に。

毛抜きでの処理はホントいいことなしなので、絶対にやらないようにしましょう。

カミソリでの処理を続けると?

じゃあ、カミソリで剃るのはどうかというと、これもなるべくはやらない方がベター。というのもカミソリの刃が肌にあたるので、こちらの場合も肌を傷つけることになります。

肌が硬くなっちゃう

肌が傷つくと、新しい皮膚ができてきますが、この皮膚、実は以前のものよりも硬い状態になってしまうんです。それを何回も繰り返していくと、皮膚もとどんどん硬くなっていくので、つるすべ、もちもち肌とは縁遠い状態に。

キレイな肌を保ちたい女子にはカミソリも大敵なんです。

自己処理するなら電動シェーバーで

でも、だからといってムダ毛ボーボー状態にしておく訳にはいかないですよね。

一番いいのは脱毛サロンでのお手入れですが、どうしても自分で処理したいという場合は、電動シェーバーを使うのがおすすめです。

電動シェーバーはカミソリと違って、刃が直接肌に当たらないようになっているので、肌への影響が少ないからです。でも、頻繁にやるのは厳禁。2週間に1回あたりをメドに処理しましょう。

自己処理よりも脱毛サロンがおトクです

↓気になる方は下記バナーをクリック↓
【全身脱毛月額プラン】1ヶ月無料

レイビスの脱毛がオススメなワケやお得なキャンペーントップページへ

レイビスの脱毛がオススメなワケやお得なキャンペーンは、トップページから確認することができますよ。